消費,賞味,期限,違い

消費,賞味,期限,違いのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

消費,賞味,期限,違い

今は何でもかんでも値上がりし、
赤札にならなければ何も買えない状況

最初は
『半額』を狙い、なければ
『20%割引』や『○割値引』
を狙って買っていないでしょうか?

元主婦もその一人です

100円料理なんて当たり前にできたんですけどね

今では、大量を作って、一人当たりまたは、一食あたり100円で作るのがいいとこかもしれません


そこで今日は
『賞味期限』と『消費期限』について書いてみたいと思います


【賞味期限】
一般的に6日以上日持ちする食品に表示され、
おいしく食べることができる期限

賞味期限が切れても、
食べられないわけではないのですが、
品質は徐々に低下していきます

3ヶ月以上の賞味期限がある食品に対しては
「年月」で表示されることになっています
例えば、お菓子や乾物、カップ麺、缶詰など



【消費期限】
日持ちのしない食品に表示されます
一般的には5日以内に消費してくださいということ

生ものや、日持ちのしない加工品などに表示されていますので、日にちを過ぎたから食べられないということではなく、痛みがそれだけ早い食品ということです

Category お買い得

賢い! 元主婦の知恵袋の消費,賞味,期限,違いのリンクについて

賢い! 元主婦の知恵袋の消費,賞味,期限,違いのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。